見えないところだけど一番大事な地盤の工事。
どんな地盤工法を選べばいいの?

20年~30年以上の長い期間、家を支え続けるための工事なので、よりしっかりした工法が望ましいのは 確かですが、地盤(地層)の状態、環境への配慮、施工・撤去の簡便性、費用面や建替えなど 将来的なことを見越した費用対効果のバランスを検討して、納得のいく工法を選びましょう。

  • 材料が安価(杭軸材がφ48.6単管)
  • 先端翼付鋼管杭(単管)
  • 狭小地でも施工可能
  • 杭材の完全撤去可能
  • 環境と資産価値を守る
  • ベタ基礎仕様
  • 複合地盤設計
  • 杭長2~6mまで
  • 材料が高価(杭軸材がφ114.3~鋼管)
  • 先端翼付鋼管杭
  • 狭小地・傾斜地でも施工可
  • 杭材の完全撤去可能
  • 環境と資産価値を守る
  • ベタ基礎・布基礎に対応
  • ジョイントにて杭を延長可能
  • 支持杭設計
  • 杭長2~15m程度
  • 材料が安価(セメント系固化材)
  • 狭小地が苦手
  • 六価クロム溶出のリスク
  • 杭材の撤去付可、一部破壊のみ
  • 資産価値を下げるリスク
  • ベタ基礎・布基礎に対応
  • 支持杭・摩擦設計
  • 杭長2~8m程度
マルキホーム

Copyright © 2015 Maruki Co.,Ltd. All Rights Reserved.